So-net無料ブログ作成

爽快感があるメタルギア ライジング リベンジェンス 2.爽快感は確かにあるが、操作に慣れれば面白くなりそうな [PS3 メタルギア ライジング リベンジェンス]

『メタルギア ライジング リベンジェンス』が届いて、2日。プレイしたばかりで、操作に慣れてないこともあり、テンポつかめないところがあるのだが、慣れれば結構面白くなりそうな気はする。アクションゲームが好きな人向けではないだろうか、好き嫌いは真っ二つに分かれそうだが。

様々な角度から切り刻む 『自由切断』と敵の内部パーツを抜き取る『斬奪』は、爽快感もあり、見た目に分かりやすいカッコよさがある。アナログスティックを使うため、切る方向は確かに自由で、それが面倒なら、ボタンで縦方向と横方向で切ることもできる。

敵はだいたいサイボーグなのだが、胴体や腕がスパッと飛んだり、それが、そこそこの大きさで、かなり細かく表現されるため、非常に迫力がある。そして、人でいうところの内蔵のようなものを抜き取り、握りつぶして、それが、主人公のエネルギーになるのだから、かなり驚きのアクションなのだが、そこは敵がサイボーグというところで、許されるようなバランスの良さがある。切れるのは、敵だけではなく、そこら辺にある柱、止めてある自動車などいろいろ切れる。

メタルギアというと、人知れず潜入するステルスゲームなところが人気なのだが、この『ライジング リベンジェンス』は、敵との戦いに特徴があり、良さもあるため、密かに潜入するのも違うような気がする。

しかも、サイボーグが普及した世界ということで、やたらと敵がデカク、最初から、クライマックス気味な始まりで、最初、難易度をノーマルでプレイしたのだが、操作に慣れてないこともあり、かなり苦戦したため、Easyに切り替えた。

さらに、敵の攻撃を制して、反撃するところで、大きなダメージを与えられるのだが、それには、相手の攻撃する方向に合わせて受ける必要があり、それも、方向関係なく作動する方に切り替えたくらい。

メーカー側は、公式に、今までとは違う、新しいメタルギアと説明しており、昔のメタルギアナ感覚でプレイすると驚かされる。この作品では、敵を倒すとポイントが入り、それで、ボディをカスタマイズすることができる。

特典のボディ、サイボーグ忍者、予約特典のボディは、PlayStation Storeで、コードを入れれば、ダウンロードでき、ゲームでチャプター開始時のカスタマイズで、ゲーム内で稼いだポイントを払い、使えるようになる。特典のボディの他、ゲームを進めていけば、いろんなタイプのボディが手に入り、それに変更することもできる。

内容から考えても、メタルギアじゃなく、全く新しいシリーズでも良さそうな気がするのだが。

m01.jpg


 


nice!(129) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 129