So-net無料ブログ作成

廉価版で安い♪ 西部劇な世界をカッコよく自由に遊ぶ! レッド・デッド・リデンプション 1.やり込み要素があり、自由度の高いゲームがいい [PS3 レッド・デッド・リデンプション RDR]

『メタルギア ライジング リベンジェンス』は、クリア後はすぐに買取に出そうと思ったが、『龍が如く5』、『ヒットマン アブソリューション』はクリア後もいまだに持っている。

何が違うかと考えると、『メタルギア ライジング リベンジェンス』の物語は1本道、選択肢で変わることもなく、再プレイしたところで新鮮さを感じるところがない。何度もプレイしたくなるような、いわゆる、やりこみ要素がない。

一方、『龍が如く5』は、本編の他に、これでもかというほどのサブストーリーがあり、街にも盛りだくさんな遊べる場所がある。本編が終わった後でも、各キャラクターのサブストーリーをプレイすることができ、好きなように動き回る自由さがある。

他の作品とは、レベルの違う豪華さがあり、様々なゲームがてんこ盛りで、100時間以上プレイしても、まだまだ遊べる。

『ヒットマン アブソリューション』にしても、本編ではターゲットは決まっているのだが、ターゲットを始末する方法はいくつもあり、それ次第で流れも変わる。難易度を上げれば、単純に難しさが上がるだけではなく、ターゲットを取り巻く人の数も増える。このゲームでは、密かに行うのがメインだけに、人の数が増えると、やり方自体を見直すことになるため、新鮮さがある。

そして、これには、『コントラクトモード』があり、ターゲットを自分で決めつつ、ゲームの流れを作ることができ、誰かが作ったゲームを楽しむことができる。そのため、コントラクトモードでは、常に様々なタイプのゲームがあり、得られた報酬で武器の購入やカスタマイズもできるなど、こちらも、結構、遊べる。

どちらにも言えるのは、これで、このゲームのすべてを楽しんだ、やりつくしたという気になかなかならない広さがある。これが、『メタルギア ライジング リベンジェンス』では感じられなかったのが残念なところ。

そこで、今回、目を付けたのが、『レッド・デッド・リデンプション:コンプリート・エディション』の廉価版 『ロックスター・クラシックス レッド・デッド・リデンプション:コンプリート・エディション』。

西部劇な世界が楽しめるというものだが、こちらも、メインストーリーの他、自由に受けることができるストレンジャーミッション、野生動物の狩り、ギャンブル、賞金首を追ったりと自由なスタイル。

しかも、マップ上にランダムで登場するNPCと遭遇することで発生するミッションもあり、自由度の高さでは定評がある作品。さらに、『アンデッド・ナイトメア』というゾンビが登場する物語も別にあり、総プレイ時間は50時間以上。それが、廉価版では、3000円ほどでプレイできる。

こうしてみると、シナリオ通りに進めるだけのゲームではなく、気ままにプレイして遊べる自由さが欲しいということが改めて分かった。

この作品は、当時、かなり人気があり、高評価を得ているだけに間違いなく楽しめそうだ。

red01.jpg


    


nice!(104) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 104