So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  6. 『スキ!スキ!スキップ!』のType Bの映像特典 45分、博多に行ってみたくなる [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

『スキ!スキ!スキップ!』のType Bの映像特典は、『博多観光案内』なのだが、博多のオススメスポット、よく行くお店、最後には、HKT48劇場を紹介している。

hkts02.jpg

HKT48メンバー2人と指原莉乃または多田愛佳と巡るというもので、45分もあり、Type AとType Cに負けず劣らずの長さ。

メンバーの普段着な姿で、あちらこちらを訪ねて歩くのだが、普通の観光番組と違い、やはり、若い女の子の方が華があり、情報が抵抗なく頭に入る。知れば知るほど、ちょっと行ってみたいなと素直に感じる。

訪れる場所は、大宰府天満宮、福岡市動物園、マリンワールド海の中道、福岡市民防災センター、中洲の屋台、パンのロンブラージュ・ビガレ、天ぷら ひらお、そして、HKT48劇場。

この屋台が、まさに、PS3 『龍が如く5』そのままで、ちゃんと観たのは初めてだが、初めて観た気がしない。それだけ、リアルなゲームだったということか。

あるあるYYテレビで朝長美桜が好きなパンは?と聞かれ、ビガレと言っていたのが、まさにその店で、店員からも、声を掛けられるほどの常連ということも分かり、情報がちゃんと結びついた。

宮脇咲良が紹介した、福岡で知らない人がいないという 『天ぷら ひらお』も初めて知った。気軽に入って、揚げたての天ぷらを食べれるというのも、良さそうだ。

HKT48劇場も、ステージ裏を主に紹介しており、メンバーがどんな感じで、何をしているかというのが、だいたい分かる。これはこれで、HKT48関連の話でいい。

このメジャーデビューシングルの映像特典 『博多観光案内』は、凄い博多PRになっている。すっかり、心をわしづかみされた感がある。

どうも、昔から、旅行が好きではなく、行きたくて行くというよりは、仕方なくという感じがほとんどだったが、HKT48をキッカケに、博多が身近に感じられ、実際に行ってみたいとさえ思う。

腰が重い私でも、そう感じるくらいだから、同じように思う人は、相当いるんじゃないなだろうか。

    

HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(123) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 123