So-net無料ブログ作成

第3弾はどうかな?砂漠はどこだ!間違って購入した第1弾 『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』 2.『黄金刀と消えた船団』と比較して、クリア後の個人的な感想 [PS3 アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝]

思いもかけず、アンチャーテッドシリーズの第1弾 『エル・ドラドの秘宝』と第2弾 『黄金刀と消えた船団』をプレイしたのだが、比較しながら、個人的な感想。ちなみに、前回書いた、途中経過での感想や印象は、クリア後も変わらず。

ゲームのプレイ時間は、『エル・ドラドの秘宝』の方が、プレイヤーが死ぬことが多く、リプレイが多い割に、『黄金刀と消えた船団』よりも短いと感じた。これは、どういうことかというと、細かく確認したわけではないのだが、ストーリー部分の動画が、『黄金刀と消えた船団』の方が長いんじゃないだろうか、それとも、物語の展開に広がりがあり、印象に残る部分が多かったからかもしれない。

ゲームの難易度については、あきらかに、『エル・ドラドの秘宝』が難しく、足場などが崩れるところも多く、タイミングの良さを求めらえる。ただ、これは、アクションゲームではよくあり、他のゲームと比べ、特に厳しいというほどでもない。

『エル・ドラドの秘宝』に対して、そういう感想を持つほど、『黄金刀と消えた船団』は、そこら辺がユーザーに対して優しく、タイミング良く動くことが苦手でも、やりやすいような作りになっていたためだろう。それでいて、動きがガチガチに制限され、窮屈というものではなく、バランスの良さがある。

ゲームの内容としては、『エル・ドラドの秘宝』よりも、『黄金刀と消えた船団』の方が、厚みがあるというか、スケールが大きく、この辺で終わりそうな展開だなと感じつつも、さらに続き、もうひと山盛り上がるところがある。また、人間関係も、『黄金刀と消えた船団』の方が、個性的な女性キャラが二人登場し、華やかさがあり、面白い。

映像は、『エル・ドラドの秘宝』と『黄金刀と消えた船団』で、そんなに差が無いと前回書いたのだが、クリアして感じるのが、空間の取り方が、『黄金刀と消えた船団』の方が、圧倒的に大きい。例えば、たまに海などに行くと、水平線が見え、広いな~と感じるが、あれと似たようなもので、とんでもなく巨大な石造や深い谷底など、スケールの大きさに圧倒されるのは、『黄金刀と消えた船団』。

前回も書いたのだが、『黄金刀と消えた船団』を先にプレイしたものからすると、『エル・ドラドの秘宝』の戦闘は長く、しかも、敵がしつこい。後ろから首を絞めるということもできないため、常に銃撃戦になり、意外と敵が頑丈で強い。

『エル・ドラドの秘宝』から、『黄金刀と消えた船団』になり、どのくらいやりやすくなったかと考えると、アクロバティックな動きがそれなりにある割にちょっとしたミスで転落しにくく、戦闘時の武器も使いやすい。そこら辺のストレスが大きく軽減され、アクションゲームが得意じゃなくても、スリルがある演出で十分楽しめた。難易度を下げていることからも、『エル・ドラドの秘宝』は難し過ぎたという認識なんじゃないだろうか。

肝心の物語も、戦闘シーンが控えめになり、ストーリー部分の見せ場が増えた印象がある。場面展開のふり幅が大きく、新鮮な気分でプレイでき、長めな物語でも、メリハリがあるため間延びせず楽しめた。戦闘を楽しみたい方向けに、対戦型のマルチプレイモードを『黄金刀と消えた船団』には追加され、それと関係があるのかもしれない。

『エル・ドラドの秘宝』も、完成された感はあるのだが、ゲームとしては定番なゲームっぽさが強い気が。一方、『黄金刀と消えた船団』は、ゲームと映像のバランスを上手く取り、よりエンターテイメント作品として、洗練された印象がある。ただ、そのバランスの良し悪しは、人それぞれにはなるのだが。

率直なクリア後の感想は、当たり前かもしれないが、第2弾 『黄金刀と消えた船団』の方が、ビジュアル的にも迫力があり、フルCGの映画を観ている感覚に近く、物語として楽しめる要素が多いように感じる。

プレイヤーとしては、ゲームを楽しみたい反面、ゲームオーバーで再プレイはしたくない。それでも、簡単過ぎて、すぐにゲームがクリアできると味気ない。そこら辺のバランスの良さが、『黄金刀と消えた船団』にあるような。

どちらも、金額の割に楽しめるゲームなのは間違いないが、『エル・ドラドの秘宝』が2007年、『黄金刀と消えた船団』が2009年に発売。さすがに、2年違うと作品のデキが違うという印象。

今日にも、やっとと言うか、今度こそ間違いなく第3弾 『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』が届く。『エル・ドラドの秘宝』に比べ、『黄金刀と消えた船団』は、ぐんと良くなり、さらに2年後に発売された 『砂漠に眠るアトランティス』には、大いに期待したいところ。


  


nice!(219) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 219