SSブログ

TBS アノ有名人のカラダを最新科学で大解剖SP 武井壮は1日睡眠時間45分、驚異的な能力というか、変わっている [テレビ番組を観て]

昨日、26日、TBSで放送されたテレビ番組 『人体科学ミステリー アノ有名人のカラダを最新科学で大解剖SP』で、アスリートタレント 武井壮の睡眠メカニズムを解明。常人とは違うことを科学的に検証していた。

武井壮の睡眠時間が、1日たったの45分。これが、ホントなのかということを解明する番組なのだが、結論としては、そうだった。ただ、何となく、会話のはしばしに、毎日そうでもないようなニュアンスも含まれていたが、密着取材では、46分間と、まさに、その通りだった。

顔の表情、脳波などを24時間測定しつつ、医師による見解は、普通の人、およそ半分のスピードで睡眠に入り、深い睡眠と浅い睡眠を繰り返すのだが、深い睡眠の長さが非常に長く、普通の人の睡眠パターンとは違うという。

この番組では、なぜ、そうなるのかという話はないため、不思議だねぇという終わり方になる。これが、生まれ持ったものか、武井壮のようにカラダを鍛えればそうなるのかは、分からない。

いろんな見方ができそうだが、武井壮は、若く見えるが、現在 40歳。年齢の割に、筋力があり、全身バランスよく鍛えられているように見える。陸上・十種競技で、元日本チャンピオンというのも、ダテではなさそうだ。

睡眠45分が、羨ましいかというと、疲れがちゃんと取れて、7時間ぐらい寝たのと同じぐらいの効果があるなら良さそうだが、なんとなく、不自然というか、どこかに負担がかかってそうな印象がある。

肉体的な疲れだけではなく、精神的な疲れも取れているのだろうか。そもそも、この検証では、睡眠時間が45分と短いことを証明してはいるが、疲れが取れているかどうかは別の話。武井壮の眠りのメカニズムを見たとき、睡眠というよりは、気絶してるに近そうな、そんな気も。

例えば、長年、午前5時に起きる習慣があるとすると、夜の10時に寝ても、忙しくて、午前様で寝ても、起きる時間は、変わらないもの。起きる時間が、固定されると、同じようなことができるかもしれない。

ただ、体力のあるなしを考えると、学生の頃に比べると、大人になるにつれ、運動する機会もなく,どんどん体力が落ちる。体力が落ちると、疲れやすく、しかも、疲れが取れ難い。そうなると、体力は付けていて損はないということにはなる。

武井壮は、睡眠が短い体質について、新しい進化のような発言をしていたが、それは、逆な気もする。野生の動物は、常に危険と隣り合わせなため、短時間で睡眠を取り、何かあれば、すぐに目覚めるようになっている。だとすると、進化したのではなく、大半が退化してしまった能力が、残っているという考えることもできる。

睡眠時間が、長いか短いかよりも、最近は、運動不足が非常に気になる。身長からすると、体重 69kgでも、標準のレベルには入るのだが、この1年で5kg増。4年前は58kgだから、明らかに太るパターンに入っている。

健康を維持するためにも、楽しく運動する必要がありそうだが、続けることは難しい。そこで、ゲームで体を動かして殴りあうというPS3の『肉弾』をやることにした。

これをプレイするため、PS3本体の他、ゲームソフト 『肉弾』、動きを感知するために、モーションコントローラーを2つ、ウェブカメラみたいなPlayStationEye、そして、それをTVの上に取り付けるスタンドも買い、本体以外で2万ほどに。

これを本気でやると、どうなるか、どのくらい痩せるのかを試してみよう。

    



nice!(138) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 138





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。