So-net無料ブログ作成

実家に来た詐欺まがい ネット契約の訪問販売 1.インターネット回線契約は、クーリングオフ対象外でも解約させる [怪しい訪問販売 ネット回線契約の解約]

実家に、NTTを語る訪問セールスがやって来たらしく、名刺にも、大きく『NTT東日本』の文字が。それで、二人暮しの両親は、NTTと信じてしまい、これまで使っていたネット接続のADSLから、光フレッツに乗り換えるという契約を交わしたとか。

すると、3日後には、プロバイダーとの契約完了の封筒が届き、セールスが来て1週間後には、NTTが光回線の工事に来るという話までなっていた。そんな話を聞いたのが、昨日のこと。

NTTは、基本的に訪問セールスのようなことはしないため、変な話だとは思っていたが、話を聞いてみると何となくおかしい。しかも、両親が契約内容が分かり難いということで、私に電話かけようとすると、それを何度もさえぎったというから、余計に怪しい。

相手の話に父が乗った大きな理由は、父のノートパソコンでインターネットを使おうとすると、動きが遅くて仕方ないため。以前から、遅いとは聞いていたのだが、父も会社員で家にいるのは土日のみ。ネットで遊ぶようなこともなく、メールを観る程度で、特に使いもしないだろうからと、こちらも、本気でどうにかしようとは思わなかった。

遅い理由は分かっていて、父のノートパソコンは、富士通 FMV-BIBLO NB16C。ちょうど、10年前に発売された機種。今のパソコンは、もちろんだが、スマホと比べても劣るほど性能が低い。それでも、メールを観るくらいなら、問題ないはずだが、どうも、Windows XPのバージョンを上げたのが致命的で、非常に遅くなったらしい。

父にとっては、ノートパソコンの性能が低くて、ネットが遅くても、『ネットが遅い=回線が悪い』という考えで、どんなパソコンを使っているかも考えずに、実家に来たセールスマンは、とにかく、ネットが早くなると光を薦めたという。

プロバイダーもピンからキリまで、契約次第で、月額費用に違いがあり、それを長期間、払い続ける。知らなければ、何の疑いもなく、多く払い続けることになり、セールスマンの適当な話で決めるのは、やめた方がいい。そこが、私の両親には分からないのだが、若い頃にパソコンがなかったのだから、仕方ない話。

内容も聞かずに、頭ごなしに注意するのは良くないから、それとなく話を聞いたところ、プロバイダーは、『BB』という。BBというと、真っ先に思いつくのが 『Yahoo!BB』。そして、今使ってる料金と変わらないくらいと説明され、光を自宅に引く初期費用に4000円ほどかかるという。最近は、プロバイダーと新規契約すると、初期工事費用は無料が大半だが、変だなとは思った。しかも、特典の無料期間もないという。

その後、『Yahoo!BB』で、今月から期間限定のキャンペーンがあり、初期工事費が無料、2ヶ月間無料、実質ではあるのだが、一軒家で、フレッツ光月額料金が3,780円、月額プロバイダー料が1,260円、合計で5,040円が通常料金なのだが、それが、キャンペーンで実質月額 3,082円という。

これは、私が利用しているBIGLOBE(ビッグローブ)光と比べても、格段に安く、この金額なら、実家でADSLを使っている値段とそう変わらないという話も分かる。そこで、『いいんじゃないの』と電話を切った。

翌日の朝、つまり、今日の朝なのだが、ちょっと時間があり、詳しく契約の話を聞いてみたいと実家に電話。すると、想像していたのとは大分違っていた。

フレッツ光の月額料金が 2,940円~6,090円、BBというのを詳しく聞いたところ、プロバイダーが BB.exiteで月額料金が265円、そして、光電話が525円で、あまり利用せず、最低でも、合計 3,730円という。これなら、使い放題でYahoo!BBの方がいいじゃないかという話になる。フレッツ光ライトを使った、従量課金のプランらしい。

しかも、フレッツ光の月額料金をネットで調べたところ、NTT東日本では、1,995円~4,410円とあり、訪問セールスが言う月額料金 2,940円~6,090円とは違う。これが、毎月支払われれば、契約ですぐには解約できないため、大きな差になる。

訪問セールスは、何も知らないと思い、いい話ばかりで契約させたようだが、まだ、工事もされていないため、早速、解約の電話をさせた。初めに、電話で解約したいと告げたところ、ちょっと時間を置き、再び電話があり、ごねずに業者は解約を了承したという。

訪問販売でのインターネット回線契約、つまり、電気通信サービスなのだが、クーリングオフ(一定期間、無条件で契約を解除できる制度)の対象外なため、強引に解約させない業者もいるようだが、そんなときは、『消費者センター』、『電気通信消費者相談センター』に相談するぞと言えば、業者としても、面倒なことは避けたいため、話がまとまるもの。

契約内容はどうあれ、光に回線を換えたところで、10年前のノートパソコンが、突然、早くなるはずもなく、結局、現在利用しているADSL回線でも、光回線でも、結果は変わらない。

光回線の従量課金、使えば使うほど金額があるというプランは、どちらかというと、あまりネットを使わない人向けなもので、そんなに使わないなら、さらに低価格で使い放題のADSLの方が工事の必要もなく便利だと思うのだが。たまにしか使わない人が、大容量のデータをやりとりするとは思えないところもある。

父は、ノートパソコンの他に、部屋にデスクトップのパソコンもあり、こちらは、そこそこの性能でネットが遅いということはないのだが、どうしても、ノートパソコンを抱えて、リビングで使いたいらしい。このまま、遅いノートパソコンを放置していると、また、訪問販売にひっかかるかもしれない。

そこで、父が使う程度のノートパソコンをプレゼントすることに。動画を観るようなタイプでもなく、メール、年賀状の作成などだから、そんなに高性能なノートパソコンは必要ないだろうと、『東芝 dynabook Satellite B452』を注文。実家に、直接届けてもらうことにした。

届けば、後は勝手に父ができるならいいのだが、あいにく、そうはならない。古いノートパソコンからデータを移行し、ネット接続、メールの設定などを私がしなければならず、普段は正月にしか帰らないが、今週末にも、実家にパソコンが届くなら行かなければ。

面倒といえば面倒ではあるのだが、実家だけに、帰り難いはずもなく。時期外れの誕生日プレゼントみたいなものかな。






nice!(115) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 115