So-net無料ブログ作成

WiMAXでスマホを使えば割安、自宅の光回線と置き換えれば、月額利用料は半分以下、試してみる価値あり 2.不利な鉄筋集合住宅でも、DMMの劇場公演も普通に問題なく、これなら、自宅PCでも使えそうだ [WiMAXでネット接続、月額費用を半分にできるか]

よくよく考えると、光回線もWiMAXも、今回は、キャンペーンに乗ったとはいえ、同じ『BIGLOBE』になってしまったが、同じプロバイダーということで、安心感はある。

私が現在住んでいるところは、鉄筋の集合住宅。WiMAXを使う環境としては、木造の方が有利で、鉄筋は電波の関係で不利になる。そのため、受信感度を示すアンテナは、最大で4本なのだが、2本までしか立たず、部屋の窓際から離れ、家の中心では1本、場所によっては圏外になる。WiMAXを使う環境としては、いい方ではない。

それで、どこまでやれるか調べたところ、これが、予想外に普通に使えて驚いた。下の写真が、WiMAXと接続するモバイルルーター、その本体を差込み有線LANケーブルでパソコンと繋げられる クレードル、それと、大きさが分かるようにと、ネクサス7の写真。モバイルルーターが、手のひらサイズで小さいのが分かる。

クレードルにフィルムが付いたままなのは、以前から、そうなのだが、初期不良の交換時期が過ぎるまでは、届いた状態と同じ状態で返品したいという思いがあり、その時期が過ぎるまで、フィルム類も剥がさず、箱も保管している。

wm1.jpg

まず、スマホやネクサス7で、問題なく使えるかだが。これが、全く問題なく、普通に使え、遅さを感じない。自宅でスマホを使う際は、無線のWi-Fiで、光回線を通じてネットをしているのだが、これが、WiMAXでも感覚的に違いが分からないレベル。最初は、光の接続のままじゃないかと感じるほど。

私の普段使いで、いろいろ試してみよう。まず、WiMAXを使い、スマホやタブレット向けに行っているDMM配信 HKT48 劇場公演を観る。スマホ向けは、ダウンロードするカタチではなく、ストリーミングなのだが。

wm2.jpg

これも、全く問題なく、スマホ向けだけに、1Mbpsの通信速度が最大の状態で、これ以上、通信速度が速くても、画質の良さは変わらない。ここまでは、予想通りというか、当然、こうなるだろうなというところ。使用する環境が悪くても、余裕のWiMAX。

問題は、ここからなのだが、アンテナ2本の状態で、自宅PCだと、どのくらい使えるか。これ次第で、自宅で契約している光を解約するかどうかが決まり、解約できれば、月々支払っている 6,000円ほどがなくなり、さらに、引越しする度に、配線工事や設置で業者を呼び、手続きする手間もなくなる。

黒い台がクレードルなのだが、これが無くても、付属のケーブルでUSBで接続することも可能。ただ、LANケーブルの方が、長さがあるため、こちらの方が便利。

wm3.jpg

この状態で、DMMの劇場公演をダウンロードしてみよう。120分、2時間の公演で、容量は2.2GB。ちなみに、ダウンロードしたのは、先日行われた 兒玉遥の生誕祭。先生からの手紙が最後にあり、感動的というか、いろんな思いがあり、活動に対する前向きな姿勢が感じられて良かったのだが。画像に、映っているのは、若田部遥。

wm4.jpg

DMM 劇場公演のアーカイブをPCで観ると、ダウンロードが前提なのだが、ダウンロードしながらも視聴できるため、それなりのスピードがあれば、問題ない。

2.2GBのファイルをダウンロードする場合、光では17分ほどだが、WiMAXでアンテナ2本だと、見ての通り、1時間半になる。ただ、ダウンロードしながら観れるため、ダウンロードにかかる時間が2時間以下であれば、動画は止まることなく視聴できる。

DMMの動画配信では、画質が選べ、画質が良ければ、ファイル容量が大きくなり、それだけ、ダウンロードに時間がかかることになるのだが、こちらも、最高画質での話なため、光じゃなくても、全く問題なく観れるのが分かる。

ダウンロード中の表示で、転送速度というところに、『約391KB / 秒』とあるが、これは、KB(キロバイト)で表示されている。これを通信速度 bpsに換算すると、3.128Mbps。つまり、通信速度が、3Mbpsほどあることになる。

wm5.jpg

ダウンロードは、昨日の夜に行ったもので、比較的、利用者が多く、混雑した状態。逆に、利用者が少ない早朝に、USENのスピードテストを行った、目安程度ではあるが、『4.873Mbps』とのこと。

wm6.jpg

5Mbpsほどあれば、DMMの劇場公演のライブも、最高画質で2.5Mbpsなため、こちらも問題ない。これで、自宅の光回線を解約するには、ここまで出来なければというラインを全て、アンテナ2本のWiMAXがクリアしている。

比較的、鉄筋で環境が悪いにもかかわらず、5Mbpsほど出るなら、普通にネット検索やネットショッピング、YouTubeの視聴、ブログなどの更新には全く問題ないレベル。個人的に、大きなポイントになるDMMの動画も普通に観れている。

ここまで、WiMAXで出来るとは、正直、思わなかった。高速回線ということで、光がいいだろうと思って、今まで、光回線を使ってきたのだが、よくよく考えてみると、自分が使う範囲では、そこまでの通信速度は必要なかったようだ。これで、スマホのパケット定額をやめ、パソコンの光を解約、WiMAXに一本化できる。

使いもしない通信速度に、月々それなりの金額を払っていたと思うと、もっと早く見直すべきだったと感じるが、気付かず、使い続けるよりはずっといい。光は、もう、5,6年は使っているのだが、WiMAXだけになれば、年単位で7万円ほど浮く、かなりの節約になる。

たまには、いろんなものを見直してみるのも、いいのかもしれない。





nice!(287) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 287