So-net無料ブログ作成

詐欺・迷惑メール 迷惑メルマガの話、勝手にメルマガに登録され、送り付けてくるケースもある [詐欺メール・迷惑メールに困ったら]

私の周りであった話なのだが、迷惑メールが、いろいろあるということは以前にも書いたのだが、これは、それともちょっと違い、登録していないにもかかわらず、勝手にメルマガに登録され、送りつけられるというもの。

これは、メルマガだけに、定期的に送られてくるもので、タチが悪く。しかも、勝手に登録しておきながら、不要であれば、解除してくださいという文面まである。あたかも、全く問題ないように装ってはいるが、受け手が何もしていないにもかかわらず、メールを一方的に送りつければ、迷惑メールと変わらない。

メルマガ登録の解除というのも、迷惑メールの特徴として、返事をしてはいけないという鉄則もある。なぜかというと、迷惑メールは、メールアドレスを機械的に割り出し、不特定多数に一斉送信するケースが多く、登録解除を行うことで相手を特定している。

どういうことかというと、メールアドレスが存在するかしないかに関わらず、機械的に割り出したメールアドレスに送信し、登録解除されたことで、メールアドレスの存在を確認しており、それで、メールアドレスが特定され、さらに迷惑メールが増えることにもなる。

それでは、一方的に、迷惑メールを送り付けられ、それを削除させられるだけかというと、そんなこともない。迷惑メールの情報提供として、それらを届け出ることで、迷惑メールと認識されれば、そのメールはゴミ箱へ直行するようにもなる。

これは、どのようなカタチでメールを閲覧しているかで、この恩恵があるかどうかは分かれるのだが、少なくても、詐欺まがいのメールで被害を受ける人を減らすことには役立ち、無駄ではない。

たまたまかもしれないが、以前、迷惑メールを徹底的に情報提供にまわしたことがあり、それを日課のようにしていたところ、今では、ほとんど、その手のメールは来なくなった。勝手に送りつけてくるくらいのメールは、違法なものとも近く、そのようなものを叩くには、いいチャンスとも言える。

迷惑メールの情報提供というのも、特に難しいわけではなく、総務省から委託を受けている 迷惑メール相談センター JADAC(http://www.dekyo.or.jp/soudan/index.html)へ送るのだが、メールを転送にし、送り先を『meiwaku@dekyo.or.jp』にし、送信するだけと非常に簡単。

情報提供として、どのようなものが当てはまるかだが、『送信に同意した覚えのない広告宣伝メール』、『送信者や問い合わせ先などの記載がないもの』、『送信者情報を偽って送られたと思われるメール』など。勝手にメルマガに登録というのも、受け手に同意を得ずに送り付けており、大半が宣伝目的なため、最初のケースに該当する。

こういうものは、一方的に送り付けられていると思うと、腹立たしくもあり、不愉快なものかもしれないが、それを行っている者に対して、情報提供することで、天罰を下してやろうと思うと、それはそれで、やった甲斐もあるもの。

内容にもよるのだが、警視庁サイバー犯罪対策課へ情報提供するのもアリで、こちらは、メールだけではなく、電話相談もある。


nice!(124) 

nice! 124