So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  241.今田美奈の生誕祭、いろんなエピソードもありつつ [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、今田美奈の生誕祭ということで、いろんなエピソードが語られていたのだが、研究生をまとめる、キャプテンのような存在なのが感じられるのだが。

坂口理子の話でも、分からないことがあったら、いつでもメールを送ってと言われ、いつ送っても、すぐに返信があるとか、秋吉優花が、置いてある 坂口理子の手帳をチラッと見ようとすると、人してやってはダメだと注意されたり。

いろんな話の中で、良い事と悪い事の境目辺りが、トークのネタにもなるポイントような気がするところもあり。ギリギリやっていいこと、許されそうなところを見定めるのが難しそうだが、そこら辺の線引きというか、やっていい事と悪い事の枠を作るのも、先輩としての大きな役割なのかもしれないと感じる話もあり。

井上由莉耶(ゆりや)の共用のロッカーの話では、二人で1つのロッカーを使っているようで、他のメンバーは、共用になっているが、相手が来ないだろうと、勝手に相手のスペースに置かれていることがあるようなのだが、今田美奈は、常に、そのスペースを空け、区別しており、いつも助かっているという。

こういうところも、ちょっとしたことに聞こえそうだが、してもらう方にとっては、気遣いも感じられるところじゃないだろうか。気になる場合、先輩なため、言い難いところもあり、先輩がちゃんとしてくれれば、後輩側も変な気を使わずに済む分、かなり助かる。

ちょっとしたことでも、その人の性格を現していることに変わりはなく。小さくても、大きくても、そういうことを意識しているという点では、全く同じで、キチンとしている人は、ちょっとしたこともキチンとしているものじゃないだろうか。

HKT48に入ったばかりの2期生をリードし、様々なことを教えながら、ここまできていることから、公演の最後に、『1年、頑張ってきて、研究生のみんなでチームを作りたかったと凄い思ったんですけど、なかなか、そういう方向には繋がらなかった』と話したときに、特別な思いがあるようにも感じられた。

貫禄があるキャラが、定着しているのだが、3月5日に誕生日を迎え、17歳になったばかり。実際は、まだまだ若い。クラス替えでは、可愛らしいメンバーが多い K4だけに、この貫禄のあるキャラが、映えそうな気もする。

『HKT48のおでかけ』も観ていたのだが、前回のパン屋さんとペットショップのアルバイト企画の続きなのだが、パン屋さんのおじいさんも優しそうで雰囲気があり、ペットショップの店員さんも美人と、HKT48メンバーに負けずに、キャラが立っているようにも見える。

作ったパンの販売もしているのだが、松岡菜摘のカレーパンを薦めて、お客さんが他のパンを買ったときに、『せつない』と泣きそうな顔が、可愛らしくもあり。お客さんが、おばあちゃんだったこともあり、カレーパンは油っこかったのかもしれない。メンバーの中で、一人で接客ということもあるのかもしれない。

パン屋さんの店員姿が、なかなか可愛らしくもあり、このメンバーの中では、積極的に話かけていた 草場愛(まなみ)が不慣れっぽくも、ちゃんとしており、男性のお客さんなら、言われたままに買ってしまいそうな。

ペットショップでは、苦手なものがハッキリ出ており、前回のモルモットの他、犬も苦手のような 冨吉明日香、鳩だけではなくインコも苦手な 坂口理子、トカゲのエサ コオロギで叫んでいた 中西智代梨など、かなり怖かったようで、冨吉明日香は犬には触れられるようにはなっていた。

苦手なものが、大丈夫になると、途端に大好きに、大きく真逆に振れることもあり、犬に振れられるようになったため、大きな変化がありそうで。一方、猫を飼っている 谷真理佳、犬を飼っている 山田麻莉奈は、どちらかというと静かなもので、明暗が分かれている。

最後は、バイト代を持ち寄り、パン屋さんでパンを買い、みんなで食べており、にぎやかに締めくくっていた。アルバイトを終えて、穴井千尋の『ホントに働くって大変だね』という言葉に重みがあるのだが、お店は身近でも、何をしているかまでは分からないところで興味深く、メンバーの意外なところも見られ、なかなか面白い。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(270) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 270