SSブログ

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  417.後藤泉の生誕祭 ツインテールも可愛らしく、プレゼントに豪快さもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演は、生中継でも観ていたのだが、昼と夜の2回公演。夜公演は後藤泉の生誕祭で、大きな声援があり、後藤泉のリクエストで、メンバー全員がツインテールやハーフツインテールにもなっていた。

自己紹介とお題のところでは、冨吉明日香のツインテールが、短い髪型でもあり、童顔なため幼稚園生のような子供の感じが強く、ロリ系な見た目。そこで、ロリコンなファンにウケそうだと思ったら、ファン層が違うという 冨吉明日香の話も面白く。

後藤泉の生誕祭だけに、後藤泉のファンが多く、最近、あまり聞かないが、団地妻なキャラでもあり、お客さんの方向が違うという話。ファンの好みは、いろいろあるだけに、持ち前のキャラをいかんなく発揮すると、それを好むファンが集まることになりそうで。

生誕祭では、かなり大きな生の豚肉がプレゼントされ、ブロック肉なのだが、数キロはありそうな量。豚肉の方がいろんな料理に使えるのだが、それでも、あれだけあると簡単には食べきれない量で豪快さがある。手紙は、冨吉明日香からで、生誕祭の司会もしていたのだが、今田美奈に読んでもらっていた。

他のメンバーの生誕祭では、よく泣いてしまうこともあるのだが、今回は、時期を過ぎると泣かなくなるとも話していたが、泣かないよう気丈に振舞っているようにも見えた。誕生日も1週間違いで、同じいもむChu!メンバーでもある 冨吉明日香からの手紙は、今までの思いが詰まってそうで。

最後に、後藤泉が思いを話していたのだが、全体を思っていることが感じられる部分が、いくつもあり。チームK4になり、何もしてあげられてないとも語っていたのだが、劇場公演では、まとめ役として切り盛りしている印象も強く、大きな存在感がある。

それでも、何もしていないというところに、しっかりしつつも、謙虚な姿勢が感じられるのだが。自身の生誕祭でも、どうしても、オチを付けて話したくなるところも、お客さんを笑わせようという気遣いも感じられる。

貫禄があると言われることが多いのだが、個性的なキャラで、落ち着きを感じさせるところに、大人で場馴れした感じもあり、そこに安心感があるような。それでも、まだまだ17歳になったばかりなのだから、まだまだ若く、今後が楽しみでもあり。

AKB48グループ全体でのペナントレースでは、HKT48のチームK4が1位と大健闘していただけに、結果が出る前に中止になり、残念な話。中止については、キャプテン 多田愛佳も自身のぐぐたすで触れており、キャプテンとして、意識していたのが伺える。

ペナントレースは、ユニークな試みだとも思うのだが。仕組みとして、スポーツのような勝ち負けがない分、逆転する余地が少なく、そこに、根本的に違いがあり、大丈夫だろうかとは思っていた。

それでも、新設されたHKT48のチームK4が1位を走り続け、結果は出なかったにしても、それを見ていたファンには、K4の存在を意識してもらう、いいキッカケにはなってそうだが。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(254) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 254





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。