So-net無料ブログ作成

PS4 世界が広そうな アサシン クリード ユニティ 1.その世界を忠実に再現し、自由なところに惹きつけられる [PS4 人気の最新作 アサシンクリードユニティ]

アサシンクリードシリーズは、あまりに人気があるため、昨年、2013年の夏に、試しにPS3『アサシン クリード I+II ウェルカムパック』をプレイ。これは、廉価版で2008年と2009年にリリースされた作品なのだが、古さを感じない面白さがあり。

ゲームで言えば、4,5年前の作品でも、こんなことまでできるんだという驚きもあり、オープンワールドで平面的な広さもあるが、建物を自由によじ登れるところに、立体的な広さもあり、しかも、物語としてのボリュームもあった。

凄い作品だとは思ったのだが、1作品が終わり、1年後に次の作品をプレイというのではなく、立て続けに、1と2をプレイすると、ボリュームがあるため、その後は、追いかけるようなこともなく。

このシリーズ、3,4もあり、さらに、ナンバリングされてない作品もあるため、本編だけでも作品の数が多く、しかも、アマゾンでの評価は、毎年のようにリリースしつつも、どれも評価は高め。

今月20日に、シリーズ最新作 PS4『アサシン クリード ユニティ』が発売され、もうまもなくなのだが、どうかなと思いつつ、とりあえず、メーカーの動画を観ていると、惹きつけられるところがあり、予約した。



この作品、カテゴリーとしては、潜入アクションゲームやステルスゲームになると思うのだが、広大な3D空間で、人ごみに紛れつつ、ターゲットに近づき暗殺、その後、上手くその場を後にする、そんな感じのゲーム。

このゲームの醍醐味は、暗殺者なため、大勢の敵を相手に単身で乗り込み、相手の行動を観察しながら、隙を突くところ。上手く行けば、全く気付かれることなく任務を終え、戦闘の派手さよりは、スパイ活動のようなクールさがウリだろうか。

そのアプローチの仕方に、自由さがあり。どういうルートで近づき、どのように倒すかのバリエーションも豊富。腕に自信があれば、正面から突入し、力づくでというのも、アリな話。

個人的には、現代的な暗殺をテーマにした ヒットマンシリーズが好きなため、それを歴史モノに置き換えたような、そんな感覚もある。ただ、作りは大分違い、アサシンクリードの方が、よりアクロバティックな動きで、オープンワールドで動き回るエリアも広く、さらに大筋のミッションの他にも、様々な出来事があるところに自由さもある。

先ほどの動画を観ても、細かい部分にこだわりが感じられ、よりリアルさが追及されている。ゲームとしての流れもそうなのだが、結末に向け一本道だと急かされることになるのだが、いろんな話を織り交ぜることで、選択肢が増え、自由さが出る。そこに、魅力を感じる。

どうしても、空いた時間に楽しめればという思いもあり、内容に急かされると、無理にでもプレイしそうだが、細かいミッションもあれば、都合に合ったプレイで楽しめそうだ。

アサシンクリードシリーズは、中世ヨーロッパなど過去を舞台に、ゲームが進むように見えるが、現代的な世界からタイムスリップしたようなカタチで捻りもあり、それによる展開の複雑さもある。

ゲームに求めるのは、やはり、リアル感と自由さだろうか。


  


nice!(268) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 268