So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  471.いろんな話で盛り上がり、内容が盛りだくさんで、自由な感じに活気もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームK4の『シアターの女神』公演。やはり、元気の良さが感じられ、MCも盛り上がっていたのだが、面白い話もあれば、台湾でのお土産話、クリスマスの心温まる いい話もあり、バラエティに富んでいる。

自己紹介とお題では、最近始めたことがテーマなのだが、冨吉明日香の3期生 山下エミリーがバラエティ寄りになっており、細くて可愛らしいため勿体なく、それを止めたいと話していた。この状況が、以前、森保まどかが、バラエティ班に行きたいと言っていたのと、ちょっと似ているような感じもあり。

バラエティ班になると、いろいろ言われるようで、最近は、郵便局で働いてるなど。これは、番組『シャカリキ48』のお仕事体験で、郵便局で働いたのだが、笑顔を絶やさず、一生懸命さが感じられるのだがその格好が妙に似合っており。しかも、年賀はがきの発売日当日で、他の番組でも取り上げられたようで、そこから、郵便局で働いてるという話に。

曲中、山下エミリーと二人でハートをしようと打ち合わせしていたようなのだが、話した本人がスルーしていたようで。公演の感想を聞かれた際、2,3ヶ月ぶりに、この公演に出演したという 山下エミリーが、自分から言っておきながら、ハートをやってくれないと話すと、やっちゃったという表情をしながら、冨吉明日香が『ホント、エミリー、おもろい』と突き放し、これが妙に面白い。

続く、今田美奈が気になったことという話でも、冨吉明日香が関係しており。『チームK4推し』で、3期生 荒巻美咲のトミヨシレボリューションが控え目ともあり。これに理由があるようで、自己紹介MCではするものの、曲中では、恥かしいからとのこと。これに対し、『恥かしいの、今、わたし、3年やってきてるんだ』と、女の子な荒巻美咲に優しく語りかけていた。

冨吉明日香と言えば、先月末に放送された 『HKTバラエティー48』で、冨吉明日香と駒田京伽(ひろか)の『宮崎と宮崎』で、天神ロケをしており、これが、相変わらず面白い。トークのテンポが違うというか、二人のインパクトが凄いのだが、劇場公演での雰囲気とも全く違うところがユニークで、なんとなく、笑わせられると宮崎県が近く感じられる。

ご当地コントができる観光大使というのも、他の穏やかそうな感じとも違いが大きく、パンチが効いている分、知名度アップに大きく貢献しそうな気がする。こういう刺激的なキャラが、印象付けるには必要なんじゃないだろうか。

この番組では、大人気コーナーの『宮崎と宮崎』を追い越す、新たなミニコーナーを探そうという企画もあり、そこには、番組内で結成されたTEAMバラエティの大半が揃っており、層の厚さも感じられる。

ここで、『宮崎と宮崎』を観ているかという質問に、今田美奈の『1期生としてのプライドが、許さないので』と見ていないともあり、下野由貴、後藤泉も手を上げておらず、一方で、植木南央の『てげぇ 面白い』と大きく影響されていたり、このバラバラな感じも、それぞれのキャラが出て、にぎやかさもある。

植木南央を筆頭に、今田美奈、下野由貴、後藤泉で、『アゴ4』もあり、これには、公演でも、スケジュールが空いてたから入れられたと言いつつ、後藤泉アゴが伸びたともあり、こちらも、動きがありそうで。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(250) 

nice! 250