So-net無料ブログ作成

短時間で意外と面白い ガンダムジオラマフロント 3.初心者でも遊びやすく、攻撃する方もされた方も面白い [遊べる無料ゲーム ガンダムジオラマフロント]

今月24日に、基本プレイ無料の『ガンダムジオラマフロント』のオープンβテストが始まり、このときは、特に問題なく。ただ、正式にサービスが開始され、誰でも参加できるようになった26日から、不安定で繋がらない状態が続いている。

ログインしたとしても、基地作りは普通にやれても、攻撃では、マップが表示される前に、ログアウトされることが多く、先に進まない。そこで、度々、メンテナンスが行われ、改善されているようにも感じるのだが、完全な状態でもなさそうで。

βテストでは、起きてなかった問題が発生しているという話からも、人気の高さが伺えるのだが。ネットワークゲームの難しさもあり、この問題の解決策は見つかっておらず、今後も対策を講じるという話。

平日の夜には、基地を攻撃する制圧戦が、特に繋がり難くかったが、休日だと、ユーザーが増えるのだろか、それとも、休みだけに、他の事で、少なくなるのか、分からないところだが。

この『ガンダムジオラマフロント』は、やってみると感じるのが、簡単で短時間でも遊べるが、やる気になれば、長くも遊べるところに、都合に合わせて、遊べるバランスの良さがある。

同じバンダイナムコの『ガンダムオンライン』は、3Dでの対戦型。細かいカスタマイズが楽しめ、よく出来ていると感じる反面、その分、複雑さがあり、操作には専用コントローラーかゲームパッドがなければ難しく、その操作に慣れるまで時間もかかる。どちらかというと、手軽にというよりは、腰を据えて遊ぶタイプなため、遊べるユーザーは限られる。

それに対し、『ガンダムジオラマフロント』は、基地作りのシミュレーション部分では、敵基地を攻撃する制圧戦では、複数のユニットが、一気に攻めかかるところに面白さもあり。しかも、操作自体は、マウス一つで、大したことはしていない。

ただ、単純のように見えて、何度かやっているうちに、考えるところもあり。攻撃する基地に対して、どこに砲台や迫撃砲があるか、防壁の程度を見つつ、どの方向から攻撃するかを判断する。

そのときに、各ユニットにも特性があり、無差別に攻撃するのか、砲台、防壁、生産施設を優先するタイプかなどもあり、それらを使い分ける。それで、攻撃の効率が上がるのだが、攻撃することには変わりないため、気にせずに配置しても、戦闘は楽しめる。

このゲームは、生産施設から、資金や資源が時間の経過と共に、貯まるようになっているのだが、これが基地の攻撃により奪われる。これが、勝ち負けには関係なく、攻撃としては、相手が負けたとしても、生産施設を破壊され、取られた資金や資源は戻らない。こうなると、勝ち負けは別として、資金や資源目当てに攻撃ということも考えられる。

攻撃された方は、リアルタイムの対戦ではないため、砲台などの防衛施設が勝手に守り、その結果が、ログインした際に表示される。そこで、リベンジもできる。つまり、ログアウト中に攻撃してきたユーザーに対して、こちらから、報復攻撃を行い、奪われた資金や資源を奪い返すこともできる。

ただ、これが、リベンジできる相手は、一人のみ。複数の攻撃を受けていても、やり返せるのは一人だけ。つまり、ログアウトの時間が長ければ、それだけ、複数の相手から攻撃される可能性が高く、ログインのタイミングでやり返せるため、頻繁にログインしたくもなる。

ログイン中だけではなく、ログアウト中も変化があるかもしれないところが、刺激的でもあり、ゲームとしての惹きも強い。

しかも、基地が攻撃された方が得することもあり。敵の攻撃を守り切ることで、時間を短縮するアイテムが報酬として手に入る。これは、施設の建設、モビルスーツやモビルアーマーの製造など、レベルによっては、数時間から3,4日も掛かるものまである。これが、短縮できたりところに利点があり、守り切れるかどうかは、基地のデキ次第だが、攻められた方が、発展が加速する。

基地を攻撃され、施設が破壊されたとしても、施設を修復する必要はなく、ダメージはない。時間が経てば、勝手に資金や資源は貯まるため、取った取られたとしても、全く無くなるようなものでもない。

攻撃する方も、攻撃される方も、どちらも楽しめるところが、このゲームの良さでもあり。ユーザーを上手くグループに分けており、不特定多数から、弱いユーザーに攻撃が集中するようなものでも無さそうだ。

マウス一つで操作でき、シンプルで分かりやすくも、やり慣れると深いところもある。初めてでもやり易く、慣れたユーザーでも、それなりに楽しめるところに、このゲームの凄さがありそうだ。

後は、ゲームが安定すれば、言う事なしなのだが。始まって間もないため、しばらくは、この状態も仕方ないのかもしれない。


 


nice!(247) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 247