So-net無料ブログ作成

40Mbps⇒13.3Mbps WiMAXの低速化 2+か光か 4.1ヶ月ほど使い、WiMAXも思ったよりも変わらない使い心地、解約のBIGLOBE WiMAXの端末は、返却が必要なレンタルなのか [最大13.3Mbps WiMAXで動画が観れるか]

ソネットのWiMAX2+に乗り替え、新たに使い始めたホームルーター URoad-Home2+もまずまず、WiMAXの下り最大が、40Mbpsから13.3Mbpsに引き下げられた割には、それほど変わらない感覚でWiMAXが使えている。

ただ、ハイスピードモードに設定したままでは、3日で3GBを超えて、勝手にWiMAX2+がWiMAXに切り替わり、こちらのタイミングで、WiMAX2+が使えない。そのため、普段は、ノーリミットモードでWiMAXにしており、通信速度が酷く落ちたときに、ハイスピードモードに切り替えるようにはしている。

1ヶ月ほど使い、個人的な印象なのだが、WiMAXに関しては、以前に比べ、より快適になったということは、もちろん、無く。もう少し早ければという思いもあるのだが、以前も、こんな感じだったのかもしれないと思えるところもあり、通信速度は、落ちてはいるのだが、下り最大が1/3になったというほどの悪さ、実感としては無い。感覚としては、1割、2割、下がったかなという程度。

これも、ネットで何をやっているかで、どれほどの通信速度が必要かに違いもあるため、一概には言えないのだが。huluの動画が、それなりに観れていることからも、思ったほど悪くない。

WiMAX2+に切り替えれば、WiMAXの通信速度が落ちているようなときでも、huluの動画は止まらずに観れるため、高い通信速度での安定感があり。これが、制限なしで使えれば、快適なのだが。

今月に入り、以前、使っていた BIGLOBE WiMAXが更新月を迎え、退会しても違約金が掛からず、早速、手続きした。WiMAXの解約は、初めてなのだが、BIGLOBEのトップページにある 『会員サポート』から、『退会・インターネット接続の解約』を選び、後は、必要事項を記入し、アンケートなどに答えて、解約。

解約する際に、誤解しやすい部分があり。月額料金の中に、WiMAXの利用と接続サービスの契約の2つがあり、WiMAXを解約する際に、WiMAXとベーシックコースなどの接続サービス、この2つの解約手続きが必要になる。

これも、誤解されやすく、この仕組みも、どうかと思うのだが。どうも、ネットの接続とは関係なく、BIGLOBEの会員として、コンテンツを利用したり、メールのみを利用したり、そういうユーザー向けに、サービスが分けられているようだ。

気になったのが、WiMAXの解約では、解約手続きが完了次第、利用できなくなる。もし、もうネットは使わないというユーザーが、WiMAXを解約すれば、接続サービスの解約はネットからはできないため、電話などからということだろうか。

退会手続きでは、この点が、明確に書かれておらず、WiMAXの解約手続き完了後に、『接続サービスの解約はこちら』という感じで表示されていた。接続サービスについては、解約手続き完了後でも、利用できなくなるのは、翌月から。

2つの解約手続きを終え、最後は、データ端末を返却するのかどうか。会員サポートで調べたところ、レンタルなら返却とあり、送る先の住所、送料は送る方が負担とある。

wimax01.jpg

問題は、この使っていたデータ端末 『NEC Aterm WM3450RN』が、レンタルだったかどうか。これが、契約書を調べても、端末についての記載がなく。現在、売り出しているプランでもないため、申し込んだ際のプラン内容も確認できず。

結局、カスタマーサポートに問い合わせたところ、レンタルではないという話になり、返却も必要ないという話だった。おそらく、申し込む時のキャンペーンで、今なら端末代が無料とでもなっていたのかもしれない。

返却の必要なしということで、それなら、分解して、中を見てみようと思ったのだが、ネジ止めが変わっており、開けられなかった。問い合わせた際に、再利用は可能ということと、処分するときは、地方自治体の条例に従ってという話があり。

再利用と言われても、どんな利用法があるのか、そこに疑問もある。


 


nice!(270) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 270