So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  797.個性的なキャラも感じられ、MCでの盛り上がりに活気もあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、様々なメンバーが出演する 『ただいま 恋愛中』公演。MCでの話が自然に広がるところに、自由な雰囲気も感じられ、にぎやかさが感じられる。

自己紹介とお題のところでは、『最近、興味があること』なのだが。植木南央の宇宙の話では、前日に、宇宙に行った夢を見たとなり、『というのも』と言いつつ、言葉では言い表せないと話しながら、周りのメンバーからも、ツッコミもなく。

このときに、カメラが向いている方向で、周りのメンバーの表情もあり。いろんなメンバーの話に、割って入ることもある 村重杏奈は沈黙しており、その隣の山田麻莉奈は笑みを浮かべて楽しそうで、後ろの駒田京伽 (ひろか)は、掴みどころがない話に複雑な表情。植木南央の話し方や間なのだろうか、雰囲気の面白さがあり、ユニークなキャラが感じられる。

ユニット曲後のMCでは、秋吉優花の選抜発表の話があり、駒田京伽に振られて、話していたのだが。1期生、2期生などに分けずに、選抜発表では、あいうえお順らしく、最初に、『穴井』と言われた瞬間に、ドキドキする時間もなく、秒で分かるというのが、確かに面白く。

『驚いたことについて』というお題では、今日、岡田栞奈に好かれているという 井上由莉耶(ゆりや)の話も興味深く。二人で写真を撮りつつ、その後、自分が入らずに、井上由莉耶だけでも撮っていたというのだが。これは、モバメに載せるためとのことで、これまでも、他のメンバーだけの写真を載せているという話。

この話に、村重杏奈から、ファンがモバメを取ってるだろうしとなり、『おかぱんの写真が見たいのに、みなぞう!』と盛り上がっていた。例えのようなもので、悪気はないというところで、同じ1期生 植木南央、村重杏奈、若田部遥が流れを作るのだが、司会が、3期生で真面目なキャラの坂本愛玲菜だけに、『悪口はやめましょう』と締めくくり、一気に戻すのもユニークさがある。

ファンは、岡田栞奈の画像が見たいというのが、一番だと思うのだが。岡田栞奈の目線で、他のメンバーを撮った画像というのも、それはそれで、味がありそうな。どういうシーンを撮り、どういう風に撮っているかで、伝わるものもありそうで。

最後の感想では、曲中に、目が合わないという 若田部遥の話も面白く。最近、植木南央と村重杏奈が仲が良く、気持ち悪いと言いつつ、話の流れで、それは良くて、気持ち悪いとも思ってないとなると、植木南央から、『思ってるでしょ!』となり。

問題は、曲中のようで。植木南央、村重杏奈、若田部遥の3人が並ぶところがあり、真ん中のメンバーは、両方に目を合わせたりするところ、村重杏奈が真ん中のときに、植木南央ばかりと目を合わせ、入れてくれないとなり。その理由が、意外なところで、空耳というのも、取って付けた感じで面白さがある。

先月末に放送された 『HKTバラエティー48』も観たのだが、『2015年こんな事もあんな事もありましたSP 未公開&NGシーン&あれこれ』。これまでを振り返った 総集編のようでもあり、『もしも 宮崎と宮崎が○○だったら』という新作もあるなど、新鮮さもあるのだが。

面白かったのが、『宮崎と宮崎の宮崎凱旋ロケ』の未公開シーン。友達がガチで少ないという 駒田京伽が、9年ほど仲が良く、たった1人の親友に連絡したところ、『東京だよ』となり。福岡から宮崎に凱旋しているところ、友人が東京だと、距離的な違いも大きく。普通じゃないところに、ユニークさがある。

『宮崎と宮崎』の新作コントでは、もしも、関西人だったら、中国人だったらというものなのだが。宮崎弁キャラのイメージが強いだけに、二人が思う 関西人や中国人というのも、怪しさもありながら、どこか、ありそうな雰囲気もあり。

こんな感じという 中国語では、自動改札の話をしているようで、冨吉明日香が『小籠包』、駒田京伽が『なんじゃこら大福』を挟みつつ、必死で終了ボタンを押すところに、アドリブのギリギリ感もある。

山田麻莉奈の『セクシー山田のまりりん問答』では、NGシーンで間違えたときの声も可愛らしく、NEWヒーローと言われる 山本茉央も、独創的で強烈な印象があり。どのメンバーも、劇場公演との違いも大きく、今年も面白くなりそうなだ。

今週、放送された『HKT48のおでかけ』も観ていたのだが、『カワイイ猫相手になぜかメンバー大号泣SP』と題して、猫の専門学校への体験入学。ここでは、慣れているメンバーとそうでもないメンバーで、猫を扱う際の雰囲気が違うようにも見えた。

松岡はなは、猫が苦手なところ、猫がいる 狭い空間に入るというのが、かなり厳しそうで泣いてしまい、今村麻莉愛も来てくれなかった猫が、山田麻莉奈に近寄る姿を見て泣いていた。今村麻莉愛は、猫を怖がってなかったのだが、小さい女の子だと、猫になめられるというのありそうな。

一方、猫を飼っている 山下エミリーは、初めての猫にも、慣れた感じで猫の扱いに違和感がなく、犬を飼っている 山田麻莉奈も、動物に慣れているようで、猫にも好かれているようだった。

犬よりも、猫の方がペットしての数が増えているという話で、猫の専門学校があるというのも驚きなのだが。生き物が身近にいるというのも、自然が感じられない生活をしていると、いい事なのかもしれない。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(235) 

nice! 235