So-net無料ブログ作成

映像も綺麗で面白い 昔のアニメ・特撮ヒーロー 9.プライム・ビデオにも 機動戦士ガンダム、改めて観ると面白く [面白い アニメ・特撮ヒーロー]

Amazonのプライム・ビデオにも、機動戦士ガンダム、機動戦士Zガンダム、機動戦士ガンダムZZの全話が入ったばかり。以前、huluにも、機動戦士 ガンダムが追加されたことがあり、1,2ヶ月ほどで消えたため、これも、すぐにではないにしても、期限はあるのかもしれない。

機動戦士ガンダムは、これまでも何度か観ているのだが。最近、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のコミックを3巻まで読んだところで、大筋はそのままながら、物語の展開がより細かく、大きな違いもある。

THE ORIGINは、2001年にガンダムシリーズ専門雑誌 ガンダムエースで連載され、OVAは、昨年からと後からなのだが。読んでいると、アニメでは、一瞬で過ぎてしまうような シーンも、細かい流れがあるのも分かり、そこに面白さもある。これは、小説を読んだ後、映画化された作品を観るようなものだろうか。

機動戦士ガンダムを観ていると、戦場でコア・ファイターに、AパーツとBパーツを飛ばし、ガンダムになったりもするのだが。これも、あり得ないと思う人もいるかもしれないが、あり得ないところに、奇抜さがあり。技術的にできるかどうか、やるべき状況かどうかより、見た目にインパクトがあり、作品としての面白さがある。

合体というのは、特撮の戦隊ヒーローでは、お馴染みなシーンで、昔から変わらない大きな見せ場だと思うのだが。合体により危機を脱したり、状況が一変し、一発逆転という展開もあり、見ていて、盛り上がる。

改めて、機動戦士ガンダムを観ると、様々な人間模様、限られた状況でのやりくり、上下関係もあり、世界が広く。静かな雰囲気や渋さも感じられ、大人向けのような気がする。

Zガンダムの1話だけを観たところ、オープニングとエンディングの曲が差し替えられており、ただ、音楽が流れていた。なぜ、無いのか調べたところ、プライム・ビデオだけではなく、アニメでお馴染みのバンダイチャンネルも同じ。

どちらの曲も、ニール・セダカが関わっており、権利上の理由があるようで。Zガンダムをまともに観たのは、初めてなのだが。オープニングが、ただ、音楽だけだと、ちょっと違和感がある。

機動戦士ガンダムは、サンライズの作品なのだが。もしかすると、他のロボットアニメも追加されるかもしれない。


 


nice!(170) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 170