So-net無料ブログ作成

ポケモンGOが軽快に動く スマホと月額1000円で楽しむ 3.街を再発見するような感覚もあり、神社へのお参りも増えた [ポケモンGOが軽快に動く スマホと月額1000円]

ポケモンGOをするようになり、これはいいと思うことが、いくつもあり。散歩をするようになったのが、大きなところなのだが、この他にも、ポケストップが、あちらこちらにあり、それを巡っていると、身近なところに、こんなものがあったのかという驚きもあり、街への意識が変わった気もする。

ポケストップは、そこに行けば、アイテムが手に入るというもので、何が出るかはやってみないと分からず。ポケモンを捕まえるために、常に消費する ポケボールは、あるに越したことはないため、1ブロック先にあれば、つい行ってしまい、すると、もうちょっと行けば、別のポケストップとなり、歩き続けてしまう。

そんなポケストップは、マンションの前にある像だったりもするのだが、基本的には、特別なものが、それになっており。よくあるのが神社やお寺で、公園などにある 像やアートな オブジェ、お店のユニークな看板、ちょっとした建物のステンドグラスなど、結構、幅が広い。

特に、神社は、お正月などでは、有名な神社に行きがちで、しかも、年に1度、行くか行かないかで、縁遠い感じだったが。ポケストップになっていることから、今まで知らなかったような、近所の小さな神社へも立ち寄るようになり。目の前まで来れば、お参りせざるを得ない雰囲気もあり、お賽銭を入れて、手を合わせることも多い。

ポケモンGOが始まったばかりの頃は、有名な神社では、参拝に来た人への影響もあり、ポケストップを外すよう 削除申請していると、ニュースで流れてもいたが。逆に、これで、参拝者が増え、喜んでいる神社もあるのかもしれない。

神社に限らず、お店の前を通ると、ついでに買っていこうかという気にもなり。何かを買うために、わざわざ出かけて行くのは面倒だが、出かけた状態なら、気軽に立ち寄れる。そこも、今までと変わったところだろうか。

ポケモンGOが、先行配信されていた 米国で、ポケモン探しに、他人の敷地に入り、銃で撃たれそうになったという話もあったが。実際、やってみると、そうなるかなという疑問もある。

現在地を中心に、どんなモンスターが近くにいるかというのは、表示されるものの、360度なため、簡単に見つかるようでもなく。このポケモンが出そうだと分かっても、探し回ろうという気が起きない。公園のように平らな場所なら、いずれ見つかるかもしれないが、周りに建物があると、そもそも行ける場所も限られている。

wp01.jpg

身近に、ポケモンGOをやっている人がいるのもあり、休みの日にレベルを上げようと思い、それで、500mlの飲み物が入る ウェストポーチ。これは、いろいろ入る分、ややふっくらともなるのだが、このくらいならという ちょうどいい感じはある。

これを巻いて、土曜日の朝、ちょっと散歩がてら、ポケモンGOをしたのだが。GPSで歩行距離が出せるアプリも使ったところ、気づけば、10kmほど歩いてしまい。次の日には、妙なところが筋肉痛に。

ポケモンGOで、散歩していると、異常に歩けるのだが、それは、ポケストップに惹きつけられているためで。ポケストップ巡りも、10個目になると、アイテムが多く出たりもするため、多く出るパターンもあるようだ。何が出るか、どれだけ出るかもあり、そうなると、次々と行ってしまう。

画面を見ながらだと、ちょっと歩き難いため、どこら辺にポケストップがあるかを覚え、その場所へ行き、次を調べて、スマホをポケットに、それの繰り返し。ポケモンが出れば、スマホの振動で分かるため、立ち止まって、捕まえるという感じなのだが。

ポケストップやポケモン捕りが、刺激にもなり、いろいろあるため、歩くスピードもゆっくりになる。もともと、早足で歩くクセがあったのだが、ゆっくり歩けば、かなり歩ける。

3時間ほどで10kmなのだが、ふくらはぎや太ももは、多少の張りは感じるものの筋肉痛というほどではなく。ただ、股関節の外側だけが、締め付けるような 酷い筋肉痛になり、こんなところが筋肉痛になるかという 驚きもある。


   



nice!(218) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 218