So-net無料ブログ作成

WWⅡの航空機と戦車が凄い!基本プレイ無料 オンライン対戦アクション War Thunder 1.戦車の細かさや重厚感、被弾のダメージも内部まで表示、無料とは思えない精巧さで面白い [WWⅡで遊べる無料ゲーム War Thunder]

最近、ポケモンGOは、散歩がてらするようになったのだが。気軽に遊べるゲームで、良さそうなものが、PS4で出ておらず。ロボットモノのオンラインゲームを探すと、以前にも、ここで書いたことがある 『ガンダムオンライン』ぐらいになる。

『ガンダムオンライン』は、基本プレイ無料のオンラインゲームで、選べる武器も豊富にあり、カスタマイズもできるため、面白さがあり。大規模戦も、一体感があるのだが。やはり、以前、結構、やったゲームだけに、再びというのも、やり難い。

そこで、ロボットは無理にしても、戦車や戦闘機で戦うようなものならあるだろうと思い、これは、良さそうだとやり始めたのが、『War Thunder』。第二次世界大戦を舞台に、当時の兵器で、対戦するというもの。



上の解説動画は、英語なのだが、ゲーム内では、日本語に切り替えられる。ゲームメーカーは、ロシアのGaijin Entertainmentで、様々な賞も受賞している。日本語化され、日本向けにサービスが始まったのが、2016年8月で、まだ、1ヶ月ほどしか経っていない。

wt04.jpg

戦車モノのネットゲームでは、『Wold of Tank』もあるのだが、それとは、比べ物にならない細かさ。戦車の重々しくも、力強い動きが上手く表現されており、地形による走行の違い、砲弾を撃ち込む際には、激しい音が響く。

陸と空なため、戦闘機などもあるのだが、地上で戦車で戦いつつ、戦闘機に乗るということもできる。操作自体は、狙って撃つのは、マウスなため、やりやすく。後は、戦車や航空機の動きだけで、それも、十字キー感覚でできるため、簡単。

後は、ズームのShiftキーぐらいで、とりあえず、戦える。被弾し火災が起きた時の消火、動かないときの修理は、メッセージで表示され、アイテムの切り替えは、見れば分かるようなもの。

wt02.jpg

wt03.jpg

格納庫では、こんな感じなのだが。外側から見た戦車だけではなく、X線の内側もあり。開発することで、乗れる戦車が増え、各種パーツでカスタマイズもできるため、強くなる面白さがある。

これは、凄いと感じたのが、ダメージの表現。こちらが撃った後、敵の戦車に着弾すると、どの部分に被害が出たかが、細かく表示され、エンジンに当たったのか、キャタピラ部分に当たったのか、それとも、装甲を貫通し、中の人がやられたか。

wt05.jpg

単純に、弾が当たって、大破で終わりではなく、どんな風にやられかが、分かるため、実感がある。これは、もちろん、こちらが攻撃を受けても、そうなり、とどめの一撃は、弾道がスローモーションにもなる。

やられても、回数は決まっているものの、復帰できるようになっており。この戦車でやられたら、次は、この戦車と対戦が終わるまで、再び戦闘に出れる。回数を使い果たすと、対戦が終わるまで眺めていてもいいのだが、終わるのを待たず、その対戦を抜け、他の対戦に出てもいい。報酬については、抜ける前の報酬が表示され、対戦後に出る報酬も、後から貰えるため、無駄はない。

プレイモードは、『アーケードバトル』、『リアリスティックバトル』、『シミュレーターバトル』があり、順に難しくなるのだが。『アーケードバトル』では、敵味方のプレイヤー名が表示されているため、敵を見つけやすく。

wt06.jpg

視点も、上からの3人称視点が使え、操作はしやすく。狙うと、こんな感じなのだが、照準アシストもあるため、当てやすい。操作に慣れていない初心者でも、様になる戦い方ができる。

マッチングについては、戦車のレベルも様々に見えるのだが。戦車は、猛スピードで接近して、攻撃するようなものでもなく、どこから狙って撃つかが重要なため、あまり大きな性能差は感じられない。

しかも、装甲が分厚い戦車では、砲撃には強いものの、動きは鈍く。軽戦車では、一発では倒せなくても、ダメージを与えて走行が不能になれば、後は、何度も撃ち込めば倒せるため、やり方はいくらでもある。

戦車というものは、素早い動きができず、味方と連なって戦うからこそ、敵を押し返せるところもあるため、1台だけ、物凄く強くても、圧勝できるということもなく、そこに、バランスの良さがあるかもしれない。

wt07.jpg

このゲームは、格闘モノのゲームが好きという人には、地味に見えるかもしれないが。狙い撃ちするような スナイパーな緊張感と面白さがあり、戦車だけに、木々をなぎ倒し、建物の塀などを破壊しながら突き進むのは、迫力があり、臨場感がある。

以前、PS4で発売予定だった『スナイパーエリート3』を買おうと思っていたのだが、中止になったことがあり。このゲームの特徴も、発射した弾丸が、どのように当たり、ダメージを与えたかが詳細に表示されるものだっただけに、それも、彷彿とさせる。

基本プレイ無料で、このクオリティのゲームができるのが、凄いのだが。このゲームを日本向けに扱っているのは、DMMのみ。そのため、DMMで登録したアカウントとWar Thunderのアカウントをリンクさせる必要があり、それが、アカウントを2つ作るようなもので面倒かもしれない。

wt01.jpg

ただ、アカウントをリンクしたからと言って、特に、どうということもなく。最初は、英語表記なのだが、この画面の右上で日本語に切り替えることができ、ゲーム中にも、左上にあるメニューから、ゲームオプションで切り替えられる。表記だけではなく、ゲーム中の音声も日本語に変わり、海外のゲームにしては、気が利いている。

CGが綺麗なだけに、パソコンの性能が求められそうだが。グラフィックスの切り替えが細かく、最小、低、中、高、最大に分かれており、これだけ、段階があると、幅広いパソコンで無理なくできそうだ。


  


nice!(216) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 216