So-net無料ブログ作成

胃もたれや胃の不快感で胃薬を飲む 1.生薬やビール酵母の方が、気軽に飲める良さもあり 太田胃散とエビオス錠 [胃もたれや胃の不快感で胃薬を飲む]

季節の変わり目ということで、周りで体調不良が多いのだが、こちらは、どうも、胃の調子が悪く。食欲の秋と言われるほど、食べ物が美味しい時期ながら、体がついて来ないという感じだろうか。

胃の調子が悪いと言っても、激痛で動けないほどという事はなく、食欲はありつつ、食べれば、簡単に胃がもたれ、空腹時にも胃が重いという程度。胃がもたれるくらいなら、食べなければいいとも思うのだが、頭のどこかで、食べないと頑張れないんじゃないかという意識もあるため、食べる方に傾きがちでもあり。まずは、この考えを改めた方が良さそうだが。

ik01.jpg

Amazonプライムで、『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』を最後まで見たのだが、これを見続けた切っ掛けは、物語の明るさもあるのだが、登場する 課長が、やたらと太田胃散を飲んでいたため。この頃、ちょうど同じように飲んでいたため、親近感があり。

太田胃散は、生薬を生かした胃薬でもあり、化学的な成分も含まれている。一番の特徴は、食後に飲んでも良く、食事と食事の間の食間にもいいところで、飲めるタイミングが多い。それでも、1日3回と回数は決まっている。

もう一つは、エビオス錠で、ビール酵母の栄養素の働きで、胃腸の働きを助けるというもの。栄養が豊富に含まれており、胃にいいものなのだが、どちらかというと、サプリな感覚に近いだろうか。1930年に薬として発売され、現在では、指定医薬部外品。

エビオス錠は、食後に飲むものだが、1回10錠を1日3回。食後に飲む量としては、多いのだが、95%が乾燥ビール酵母で、5%が錠剤に成形するための成分と、ほとんど、ビール酵母。ビールのニオイがするのかというと、そんなこともなく、どこか、香ばしい、芋っぽさを感じる。水で飲むのだが、そのまま噛んでみると、微妙な味。

個人的な感想なのだが。太田胃散は、食後2時間を過ぎた 食間でも飲めるため、食べた後、しばらくして、胃薬を飲めば良かったと感じたときに、迷わず飲める良さがあり。粉末だけに、効果も早く、しかも、幅広い胃の症状に効果がある。一方、エビオス錠は、食後に飲むと、自然と胃もたれしないという 印象があり、違いが分かるくらいの効果はあった。

太田胃散は、食べたモノにもよるのかもしれないが、繰り返し飲んでいると、効きがもう一つと感じることもあり。エビオス錠の方は、長く飲み続けても、無難に効いてるような、。ビール酵母が胃にいいならと、『スーパービール酵母Z』も試しに飲んだが、胃の働きが良くなったという実感は無く。

胃の調子が悪いと、何かをしようという気分にもならず、薬を買いに行く気にもならないのだが。薬がネットで注文でき、気軽に手に入るというのは、他の欲しいものが届くのとも違い、便利でもあり、助かる。


  


nice!(213) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 213