So-net無料ブログ作成

HKT48 若く可愛く、観ると元気になる  982.田島芽瑠の生誕祭 大きな声援がにぎやかで、アイディアや考え方のユニークさもあり [HKT48 若く可愛く、観ると元気になる]

昨日の劇場公演をDMMで観ていたのだが、チームHの『シアターの女神』公演。田島芽瑠の生誕祭でもあり、ファンの声援も大きく、いろいろあるところに特別感もあり。今回は、チームK4から、植木南央が助っ人で出演しており、それも新鮮さで良く。

自己紹介とお題のところでは、『やってみたいけど、できないこと』がお題なのだが、秋吉優花が面白く。田島芽瑠の生誕祭ということで、幕が開き、前座ガールで登場した 武田智加のときには、客席のファンは、めるザウルスな エプロンを付けているなど、様子が違っており。

田島芽瑠がいる2列目が終わり、ステージから下がったところで、次が3列目の秋吉優香となり。話している最中に、そのエプロンをファンが外し始め、『みなさん、聞いてます?』と度々聞きつつ、どうぞどうぞという感じで、ファンの笑顔もある。

さらに、田中菜津美が話していると、秋吉優花がスカートに引っかかっていた手袋を見つけ、曲も終わり、まもなく、自己紹介も終わるところで、急に付け出し。坂口理子の『そうやって、みかんちゃんのMCを邪魔しようとして』に、田中菜津美の『オイオイオイ、ホントにもう、バチバチしてんなぁ』もあり、思わぬところで次々と起こる感じが面白く。

ユニット曲後のMCでは、田島芽瑠が話していた家族構成もユニークで。結婚するなら 井上由莉耶(ゆりや)、恋人は駒田京伽(ひろか)となり。恋愛と結婚では、求めるものが違うところに想像力の凄さもあり、その理由も、しっかりありそうで。

何でも話せる 井上由莉耶なら、気を遣わずに結婚生活も長続きとなり、ファンからの質問で、メンバーに入れ替わるなら、駒田京伽と答えていた。3人とも同じ2期生でもあり、一緒にやってきたからこそ、分かることも多そうな。感情的な部分と冷静さが感じられるところに、複雑さも伝わってくる。

写真撮影では、メンバーが揃い、様々なポーズをするのだが。岡本尚子が、撮る際に、一言ずつ言うのも、お馴染みで。今回は、チーズ(梅本泉)、ぴーちゃん(駒田京伽)、ゆりや(井上由莉耶)となり、さらに、穴井千尋も含め。田島芽瑠が、狙っていた歴代の女の子となるのも面白く。

生誕祭では、手紙は、矢吹奈子から。その内容からも、コミュニケーション能力の高さが感じられ、それに救われた メンバーも多そうなのだが。手紙を読み終え、両手を広げる 田島芽瑠に、矢吹奈子がなかなか気づかず、この微妙な感じに、客席からも笑いが起きていた。

最後に、ファンへの言葉では、感謝の気持ちもあり、一年を振り返り、嬉しかったことや悔しかったことなどを打ち明け、2017年の目標も話していたのだが。話しているときの雰囲気が、ゆっくりと優しく語りかけるようで、そこに、大人な一面も感じられる。


HKT48 LIVE!! ON DEMAND


nice!(199) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 199