So-net無料ブログ作成

空腹時に効くスクラート胃薬 寝起きに食欲もあり、顆粒から錠剤に変えた途端、良さも実感でき [弱った胃に 空腹時に効く胃薬]

今までは、食べた後に胸やけしたり、胃がもたれたりで胃薬を飲んでいたのだが、2ヶ月ほど前から寝起きで胃が痛いことが何度かあり。朝から胃痛では、気分が悪く、ちょっと何かを食べれば治まるという状態。

疲れもあり、気温の変化も激しいため、どうも、体が環境に対応できていないような感覚があり。かかりつけの病院に行けば、どんな薬を出すかも想像できるため、長い時間待たされるのも厄介だなと思っていた。

そこで、1年くらい前だろうか、ライオンから出ている市販薬 スクラート胃腸薬の顆粒タイプ、粉末の粉薬を飲んだことがあり。この薬、空腹時に飲み、荒れた胃粘膜にくっつき、胃酸から守りつつ、直接修復するという胃薬。

当時、これは、いいんじゃないかと飲んだところ、粉薬の後味が悪く。粉薬は、平気で飲める方なのだが、なんとも表現できない、シャリシャリした感じで、化学的な香りが上がってくるため、結構な不快さがある。胃の調子が良くなったかどうかよりも、そこが気になり、飲まなくなった。

lion.jpg

スクラート胃腸薬の公式サイトにある 『胃がキリキリ痛い。特に空腹時に胃が痛くなる』、『胃が弱った感じがして、胃が張ったような不快感もある』という言葉が、そのままの状態なため、また飲んでみるかと思い、今度は、錠剤にした。

錠剤に変えたところ、空腹時に3錠飲んでいるのだが、粉薬で感じた独特な不快さが全く無く飲みやすい。それから、空腹時に胃の調子が悪い時には、持ち歩いて飲むようになり。102錠入りを買ったのだが、1ヶ月ほどで全部飲んでしまい、これが、二つ目。

寝苦しいと感じたときに、今まで、気づかなかったのだが、胃が重いというか、痛いほどではないのだが、微妙な不快感があり、寝る前に飲みようになったところ、寝やすくもなり、朝から食欲もあるため、効果が実感できた。

顆粒タイプでは、なんだ、この感じはと思い続かなかったのだが、錠剤タイプに切り替えた途端、いい薬だなとイメージが大きく変わるから不思議なもの。個人的な感想なのだが、この薬は、思った以上に良かった。

寒暖の差が激しく、季節の変わり目だから、胃の調子も悪いんだろうという感じで。しばらく、これを飲んで乗り切れればというところだろうか。


  


nice!(283) 
共通テーマ:日記・雑感