So-net無料ブログ作成

PS4 スターウォーズ バトルフロント 映画のような迫力・臨場感が凄い 5.3月のアップデートで新たな武器も加わり、まだまだ遊べそうで [PS4 映画の世界 スターウォーズバトルフロント]

昨日の夜に、『スターウォーズ バトルフロント』がアップデートされていることを知り、8GBなため、大分、時間もかかったのだが。ジャバ・ザ・ハットが登場し、契約というカタチで条件を満たせば、新たな武器が手に入ったり、その他にも変更があり。

公式サイトでは、『アウター・リム』の新ゲームモードについて、いろいろと書かれているのだが。別料金のシーズンパスを持っていれば、すぐにでもプレイでき、単体の拡張パック(有料)としては、4月5日にリリースされるとある。説明によると、小規模で戦略性の高い、新たなゲームができるようだ。

メインの武器が、新たに4つ加わり、現状では、2つは、シーズンパスがあるユーザー向け、残り2つが、契約で手に入る。性能を比べると、シーズンパスで使える 武器が、極端に強いようでもなさそうで、公平性のようなものも感じられる。

このゲームのマルチプレイは、どのゲームモードをやるかを決め、現在、オンラインで対戦中や待機状態のところに、割り振られ、ゲームが始まる。同じゲームをやってるユーザーが一つのグループとして扱われ、ゲームが終わった後、そのグループから抜けなければ、そのグループでゲームが続くという仕組み。

もちろん、やめたいときは、途中からでもやめることもでき、抜けたところに、エントリーした他のユーザーが入り、途中参加になる。また、ゲームが終わり、次のゲームが始まれば、同じグループで行われるため、あまりにもレベルが違うユーザーばかりとなれば、再エントリーでグループを替えたりもする。

このゲーム、レベルが上がったとしても、特に身体的な能力が上がるようでもなく、武器も特徴に違いはあるものの、どれが、一方的に強いというものでもない。そのためだろうか、どういうマッチングを行っているかがよく分からない。

やり始めた頃は、見た目でレベルが分かることもあり、ずいぶんとレベルの差はあるように見えた。更新する度に、仕様が変わるため、現在は、どうなっているか分からないのだが。

マルチプレイの最初の表示が、検索になっており、規模などで選べるようになっている。従来のやり方で、ゲームモードを選択することもできるのだが、最初に、どの規模での戦闘がしたいかという検索になっており、どうも、ユーザーの好みで大きな偏りがあるようだ。

40人規模なら、ウォーカー・アサルトか、スプレマシー、ターニング・ポイントになるのだが。例えば、ウォーカー・アサルトは、巨大で4本足で歩く AT-ATもおり、上空には、Xウィングが飛んでいたり、ヒーローも登場するなど派手で、人気が高く。

一方、ターニング・ポイントは、初期からあったゲームモードではなく、後に追加されたものになり。制限時間内にポイントを制圧し、それを繰り返し、最後の一つでも、落としてしまうと負けになる。

このターニング・ポイントは、いかに早くポイントを押させるかにかかっているため、敵兵を倒すために、動かず狙いを定めるような ユーザーが多いと続かず、すぐに負けになる。多少、やり慣れたユーザーが揃わないと続かないこともあるのだが、これはこれで、敵味方での激しい押し合いがあり、面白さはある。

ただ、ターニング・ポイントをやろうと思っても、頭数が揃うまで待たされることが多く。それでも、やれればいい方で、揃いが悪いと、結局、できずに終わることもある。つまり、人気が無い。

規模だけでの検索を真っ先に出したのも、ウォーカー・アサルトだけではなく、他もやって欲しいという事だと思うのだが。ただ、最初の頃に、ウォーカー・アサルトのゲームボーナスは、固定で高く、現在とは違う。

ターニング・ポイントは、ルールが変わっており、馴染むまで時間がかかる分、勝ち負けに関係なく手に入るゲームボーナスを引き上げれば、やるユーザーは増えそうな。ゲームモードを選択する際に、ゲームボーナスが、どのくらいかの表示があれば、目に付きやすくもなりそうだが。

このゲームには、最大プレイヤー数が、40、20、12の3段階あり。段階ごとに、いくつかのゲームモードがあるのだが、人気があるものと無いものの差が、かなりあるんじゃないだろうか。

多彩なゲームモードを用意しても、数が揃わなければ、プレイできないため、無いのと同じ。勝てば面白く、負ければ面白くないため、どちらもユーザーという難しさが伺える。

『バトルフィールド4』のマルチプレイでも感じるのだが、それなりの僅差で勝敗が決まるように、始めたばかりなのか、戦績はどのくらいなのかで、似たようなレベルのユーザーをグループ化した方がいいような気もするのだが。ただ、数を揃えなければ、始まらないため、そこに難しさもありそうだ。


   


nice!(244) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 244