So-net無料ブログ作成

ゲオのゲーム宅配買取体験 1.発送の伝票すら書く必要なし!自宅にいながら、こんなに簡単に売れるとは [ゲオのゲーム宅配買取体験]

2回クリアして、もう、プレイすることもないだろうということで、『メタルギア ライジング リベンジェンス』を自宅にいながら宅配で買い取る ゲオの宅配買取 『らくらく引取買取』を使ってみることにした。その理由は、現在、キャンペーン中で、ゲームソフト1本でも送料無料なため。

ゲームソフトの購入は、送料込みでも、他より割安なアマゾンが多く、注文後、翌日には届くという便利さがある。

アマゾンでゲームを購入する際、Amazonが発送するゲームソフトは、送料無料で送られてくるが、現在、発送中の商品がどこまで来ているかは分かるものの、ポストに入る大きさなら、わざわざ玄関先で受け取る必要もなく便利。

買うのは便利だが、ゲームは、クリアした後、まだまだ、いろんな遊べる要素があれば、ずっと持っているのだが、これ以上、プレイしても、何も面白い事がないとなると、売ってしまい、次ぎのソフトの購入に当てたい。

そこで、今回は、発売されたばかりの『メタルギア ライジング リベンジェンス』なのだが、発売当初は、ゲオの宅配買取での価格は、4800円。アマゾンで、5699円で購入しているため、数百円の差しかない。

問題は、この価格で売れるかということだが、Amazon予約限定の『MGS4雷電カスタムボディ』は、手を付けていないが、数量限定のサイボーグ忍者は、期待の作品だっただけに、ダウンロード済み。さて、これがどうなるか。

まず、ゲオのサイトで、会員登録する。住所氏名、振込先の口座など。そして、プリンタで買取申込書を出し、必要事項を記入。

記入といっても、会員登録で情報がほとんど入力された状態で出て来るため、『買取申込チェック表』の3つの部分、申込み者氏名と振込み先の口座氏名が同じか、身分証明のコピー(免許証など)と現在住んでる住所が同じか、そして、商品に未開封商品が含まれているかどうかの3点。これに、Yesか、Noで答え、後は、自分の名前をボールペンで署名するだけ。

身分証明と現住所が違うというところは、まさに、私がそれなのだが、宅配買取で商品を発送、その後、買取金額が銀行口座に振り込まれる前に、ホントにその住所に済んでいるか、書留でハガキを送るという。

それを受け取り、そこにあるパスワードを会員サイトで入力すれば、確認できたということで、銀行に振り込まれるという流れになる。

適当な大きさのダンボール箱に、ゲームソフト 『メタルギア ライジング リベンジェンス』、『宅配買取専用申込書』と『身分証明のコピー』の2枚を入れて、梱包は完成。

m02.jpg

ゲオの会員サイトから、『集荷の日』、『集荷時間帯』を指定。集荷時間帯は、午前10時~12時、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、19時~21時から選択。後は、箱の数などを入力して、送信。これで、集荷が依頼される。

これは便利だなと思ったのが、普通、小包をどこかに送るとなると、伝票には、自分の住所、送り先の住所などを手書きで書くものだが、ゲオの『らくらく引取買取』では、集荷に来た佐川急便の人にただ箱を渡すだけ。

こちらは、伝票に書く必要は全くなく、小包を渡したときに、佐川急便から受取の控えをもらうだけ。下の四角の紙が、それだが、こんなに簡単だとは思わなかった。ちなみに、集荷の申込みは、翌日以降から。

m03.jpg m04.jpg

集荷場所は、住んでいる場所と決められており、都合に合わせて、集荷場所を変更することはできない。

こちらから発送したのは、2月26日。後は、査定結果を待つだけだが、そて、どうなるだろうか。


お売りください。駿河屋です。


nice!(50) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 50