So-net無料ブログ作成

実家に来た詐欺まがい ネット契約の訪問販売 5.ADSLの再加入が予想以上に早く、好奇心旺盛な父は相変わらず、無事完結 [怪しい訪問販売 ネット回線契約の解約]

この話、ちょっと時間が経っているため、これまでをまとめてみると。NTTと称するインターネット契約の訪問販売が実家に、突然、やって来た、これが、そもそもの始まり。NTTの社員ような話しぶりだが、まったく別の会社。NTTは、私の知る限り、訪問販売などはしないため、最初から、この話を聞いたときにおかしいとは思っていた。

そして、相手の口車に乗ってしまい、実家は契約。内容を詳しく聞いたところ、割高な従量課金で、ネットの使い放題が当たり前の時代にどこにお得感があるのかという状態で、訪問販売でお得な話が来るはずもなく、この金額が、ヤフーが現在行っている激安の光キャンペーンとほぼ同じで、片や従量課金の最低料金、片や使い放題でそれ以上掛からないと、訪問販売は話にならない。よく実家から電話が掛かってくるため、たまたまその話になり、まだ光の配線工事が済んでいないため、即解約させた。

父に話は通して解約させたものの、以前からパソコンが遅く、ネットが快適に使えないのは気になっていたため、父にノートパソコンを用意したところ、しばらくして、ずいぶん前から使っていたADSLのモデムが故障。私が実家に帰省した際に、何度かモデムの調子が悪く、いろいろ見たところ、使える程度だったが、どうも不安定で接続に時間がかかり気味。それが、とうとう壊れた。

父がネットを使うレベルは、メールのチェックぐらいなため、光が必要なく、ADSLで十分ということで、モデムの交換ができれば簡単に事が済んだのだが、それもできないため、ニフティなのだが、ADSLの契約を解約し、再び加入することで、新たにモデムを送ってもらうことに。ちなみに、月額料金はほぼそのままで、特別な追加料金も発生していない。

ここからが、今回の話なのだが。ADSLの解約、ADSLの新規加入を行うため、3週間はかかると言われたが、実際には、予想以上に作業が早く、2週間ほどで完了。新規契約の書類とモデムも、無事届き、開通日は8月1日になっていた。

メールでの連絡では、ADSLが使える環境かどうかを調査した結果のお知らせもあり、前回、ADSLの契約時に、何かあった場合でも、接続する先の家に対して電話連絡があるかとカスタマーサポートに聞き、ほぼないですといわれたと書いたのだが、その分、メールではキチンと連絡があるという印象。

7月28日の早朝、朝5:30頃なのだが、突然、携帯に父からの電話があり、父親ゆずりなのか、私も朝は早起きなため、父はこちらが起きてるのを知りつつ掛けてはいる。父は、ネット接続の書類、モデムも手元にあるため、つなげれば使えるはずだと思い、一生懸命、IDとパスワードを入れたが、上手く行かないという。それも、そのはずで、開通日にならないと接続できないようになっているのだが、そういう感覚は父にはない。

それを説明すると、それじゃ仕方ないと、早々に電話を切った。そして、平日の8月1日、また、同じような時間帯に電話があり、今度は、『お蔭様で、ネットが使えるになった』とのこと。父は、会社員なのだが、よく出勤前に、どちらかというと不慣れな事を平気でやるもんだと、自分の父親ながら妙に関心した。

普通、パソコンにそんなに詳しくないと、設定とか、接続とかは面倒で、どちらかというとやりたがらないものだが、父には、そういった抵抗がなく、好奇心旺盛なタイプだなと改めて感じた。ただ、よく読まないため、分からない状態でいろいろやってしまい、後始末をさせられたりはするが、考えてみると、子供に近いかもしれない。

さらに、こちらとしては、古いノートパソコンから乗り換えるように、新しいパソコンを買い、プレゼントしたのだが、結局、どっちも使えばいいやという話に。本人が、それでいいならいいかなというところで、確かに、前回、帰省した際に、仕事で本人がいる時間が短く、データを新しいパソコンに移行できず、父も必要なデータを移すくらいはできるようだが、そこまでしなくてもと思っているようだ。

とりあえず、訪問販売から始まり、二転三転して、いろいろあったものの、問題は解決し、一件落着した感はある。




nice!(245) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 245