So-net無料ブログ作成

金・女・暴力でバブル時代を暴れまわる 龍が如く0 1.相変わらず、突き抜けた感じで面白そうだ [PS4 龍が如く0 バブル時代が凄そうだ]

PS4『龍が如く0 誓いの場所』が、3月12日に発売ということで、すでにトレイラーやプレイ動画が公開されているのだが、これらを見ていると、やはり、面白そうだと感じさせるところが多い。

PS3『龍が如く5』が、長らくしていなかったゲームを再開するキッカケになった作品で、極道な世界とリアルさ追求した街並み、ボリュームもあり、ゲームとしてのエンターテイメント性の高さに驚かされた。

この作品が、予想を一回りも二回りも超えるものだっただけに、昨年、発売されたPS4『龍が如く維新!』も迷うことなく。そして、今回の『龍が如く0』も、その感覚は変わらず、予約することにした。

『龍が如く5』では、極道のヤクザな世界だったのだが、それが、『龍が如く維新!』で時代劇になり、そこからの『龍が如く0』で極道に戻り。大きく振ってる分、今回は、より新鮮な感覚で楽しめそうだ。



これまで、このシリーズをプレイし、感じられる他との違いは、ゲームの中にゲームがあること。物語としての流れがあり、これだけでも、ゲームとしては十分成り立つくらいのボリュームがあるのだが、そこに、いろんなゲームの要素がふんだんに盛り込まれ、しかも、違和感なく調和している。

ゲームの中にゲームがあると、本編とは分離したような、つながりが薄い感じになりがちだが。そこは、龍が如くの世界が広く、こういうものもアリなんじゃないかと感じさせるところに、まとまって見える。

本編だけなら、男気溢れる格好いい主人公のイメージで終わりそうだが、本編とは関係ないところで、変なものに巻き込まれながら、間の抜けた感じが出ていたり。主人公のいろんな面が出ていることで、ギャップや緩急があり、キャラクターがより魅力的になる。

このシリーズで、定番なのが、夜の世界を再現しているところ。今回は、テレクラもあり、キャバクラの経営まで出来る。極道というと、金、女、暴力という3拍子だけに、これが強く感じられそうだ。

テレクラは、聞いたことがあるくらいで、どんなものかは知らなかったのだが。個室に電話があり、その電話で、女の子と会話しながら、デートの約束をするようなもののようだ。勝手に電話が鳴り、誰が掛けているか分からないところに、ギャンブル的な感じがあるのかもしれない。

こういう部分も、リアルに作り上げられたゲームで遊べるというのが、大きな特徴でもあり。実際には、こういうものとは全く縁がない分、惹きつけられるところがある。

一番の目玉は、時代背景じゃないだろうか。今回は、1988年ということで、バルブ景気の真っただ中。たまにテレビ番組などで、バブル景気の頃は、お金が溢れ、今では考えられないような話が多いだけに、そんな世界が、ゲームの中で、どう表現されているのか、興味深い。

最近、海外メーカーのゲームが、よく出来ていると感じることがあるのだが、龍が如くシリーズと比べると、幅の広さはあるものの、無茶苦茶なド派手さや笑えるような遊び心まではない。この点では、龍が如くシリーズが一番かもしれない。


  


nice!(278) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 278