So-net無料ブログ作成

金・女・暴力でバブル時代を暴れまわる 龍が如く0 4.街の出来事がシノギに繋がり、作りの凄さもある [PS4 龍が如く0 バブル時代が凄そうだ]

PS4『龍が如く0 誓いの場所』をプレイしつつ、ヤクザの世界だけに、本編は男気がある世界で展開に迫力もあり、物語の流れには、強引さが感じられるところもあるのだが、様々な話が折り重なるため、あまり気にならず。

それよりも、このゲームの凄さは、経験値が無く、全てお金になり、仕事である シノギと街での出来事が繫がることで、いろんなイベントを余さず遊べるところじゃないだろうか。

以前のシリーズでも、それぞれの街に、様々なサブストーリーや多彩なゲームはあり、それで遊べたのだが。遊びたければ遊ぶというもので、遊んだことで、何か有利になるようなことはなかった。

それが、今回は、ヤクザな主人公には、仕事があり、キャバクラ経営と不動産業なのだが。それらと街で起こるサブストーリーが結びついており、サブストーリーをクリアすることで、いい人材が手に入り、仕事面でも有利な流れになる。

本編と、これらの仕事は直接関係はなく、全くやらなくても、このゲームをクリアすることができる。ただ、このシミュレーションゲームな、2つの仕事は、これはこれで、かなり面白い。



どちらが、より遊べるかは、好みによるのだが。これは、凄いと感じたのは、『キャバクラ経営』。経営が傾いたキャバクラを建て直し、5人のライバルを打ち負かすというものだが、キャバクラで働く女性の着せ替え、カスタマイズが非常に細かく。ドレス、メイク、アクセサリーと、いくつかのカテゴリーに分かれ、さらに、いくつもの細かい設定ができる。

サブストーリーやライバルとの戦いに勝つことで、キャバ嬢を増やすことができ、それを育成。開店時には、制限時間内に、次々とやってくるお客に対して、どのタイプの女性を割り当てるか、メニューや灰皿などハンドサインの要求に応えつつ、トラブルがあれば、仲裁に入る。これが、この部分だけでも、ゲームになりそうな作り。

もう一つの不動産業は、あちらこちらの店を買収しながら、それらに投資することで収益を上げるのだが、地域ごとにマネージャーやガードマンを配置し、投資の効果はアドバイザー次第。街中を歩き回り、物件を探し、ライバルとの対戦を経て、そのエリアを独占、莫大な収益を得る。

これが、始めたばかりの頃は、どこが面白いか分かり難かったのだが、やっているうちに、街全体を巻き込んで、楽しむところが分かり出すと、理解できるところもあり。キャバクラ経営よりも、不動産業の方が面白いというユーザーの話も頷ける。

これまでと違うところでは、経験値がなく、全てお金というのも、凄いアイディアでもあり。経験値で、主人公が能力アップするのではなく、お金を使うことでアップするとなると、アイテムの購入の他、レベルアップでも、お金が必要になる。しかも、このレベルアップには、数千万や億単位のお金が必要になるため、大きく稼げる部分が必要になる。そこで、シノギが役に立つ。

お金を稼ぐという点で、すべてが一つにまとまっており、それで、全体が活きて来るというか、事が有利に運ぶところに凄さがある。


 


nice!(308) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 308