So-net無料ブログ作成

PS4 映像が綺麗で臨場感が凄い アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 1.スケールが大きく、謎を解きながら、宝探しの面白さがある [PS4 アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝]

at01.jpg

今月10日に、PS4『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』が発売され、迷うことなく予約した。このブログでも、大分前に書いたのだが、PS3で発売された アンチャーテッドシリーズ 『エル・ドラドの秘宝』、『黄金刀と消えた船団』、『砂漠に眠るアトランティス』は、全て持っており、どれも面白かったため。

このPS3の3作品は、PS4『アンチャーテッド コレクション 』に全て収録されており、PS4向けに、1080p、60fpsでリマスターされている。マルチプレイモードは付いていないのだが、古い作品なため、無くてもという感じだろうか。



アンチャーテッドシリーズの面白さは、莫大な財宝を探す冒険活劇なところなのだが。とにかく、スケールが大きく、物語もあちらこちらへ行き、世界が広く感じられる。特徴的なところとしては、高いところによじ登ることだろうか。

岩や壁を素手で登り、崖を飛び越えて、ギリギリのところで手を掛けたり、それも、下が見えないような高さなため、物凄いスリル。これまでの作品では、遺跡の中にある数十メートルはありそうな 巨大で不気味な石像をよじ登り、見た目の大きさで驚き、落ちたら死ぬというスリルも凄く。

PS3でも、映像が粗さという点で気になることもなかったのだが、PS4では、映像の綺麗さが半端なく。より細かくリアルに見えるため、臨場感が増しているように見える。

まだ、物語は始めの方なのだが、久しぶりに、謎を解きながらのアドベンチャーな面白さがあり、これまでのシリーズを思わせるところに懐かしさもある。最近は、対戦型のゲームをよくしていたのだが、じっくり楽しめる物語も雰囲気があっていい。

もちろん、アンチャーテッドシリーズでも、同じ様に宝を狙う連中がいるため、銃撃戦もあり、戦車や攻撃ヘリが登場したりと派手な戦闘になることもあるのだが。自動で敵に照準を合わせる 照準アシストもオンオフでき、難易度も変えられるため、戦闘が苦手でも格好良く戦える。

メインは、宝探しなため、未開の地に足を踏み入れるような 探検の感覚もあり、映像的にも、驚くシーンも多いため、そこに、面白さがある。


  


nice!(226) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 226